ウブドのモンキーフォレスト通りにあるカフェ・レストラン「CINTA GRILL IN(チンタ・グリル・イン)」
で、バリーコーヒーと共に、スイーツを頂きました。

バリコーヒー バリ島で食べたケーキ

「チンタ・グリル・イン」は、バリ情緒にあふれる開放的な店内が特徴のお店です。
モンキー・フォレスト通りを歩いていると、すぐに目につき、
欧米人などの観光客に人気です。

ウブドのチンタグリルイン

朝8時からのモーニングメニューや、昼下がりのカフェ、
夜にはレストランバーに変わる「チンタ・グリル・イン」

私は、夕暮れ時に訪れ、仕事の合間の休憩として利用しました。
アナタも、異国情緒を味わいながら、バリコーヒーで、ほっと一息してみませんか?


モンキー・フォレスト通りのカフェでバリコーヒーTIME!

モンキーフォレスト通りは、ウブド王宮の交差点から、
モンキーフォレストの入り口まで、ウブドの中心地を南北に走る通りです。

ウブドに訪れた際には、
まずは、このモンキーフォレスト通りを歩いてみるのが良いと思います。

バリ島ウブドのモンキーフォレスト通り

写真は、夕暮れ時のモンキーフォレスト通り沿いにあるレストランです。
ここには、様々な種類のレストランやカフェ、洋服店などのショップが並んでいます。

この通りは、モンキーフォレストの入り口の方から、一方通行になっています。
早速、通りの入り口近くで猿を発見。

ウブド・モンキーフォレスト通りの猿 monkey02

車から撮影したため、少しぶれてしまいましたが、 歩道や店先に普通に猿がいます(笑)

近くにあるモンキーフォレストは、およそ200匹の猿が生息している森。
通りの入り口には、猿のえさとなるバナナやピーナッツが売られていて、
観光客によって、猿は餌付けされているため、人を恐れずに通りまでやってくるようです。

私も、近寄ってみたかったのですが、時間がなかったため、残念ながらスルーしました。

 

カフェ・レストラン「チンタ・グリル・イン」は、
モンキー・フォレスト通りのちょうど中間くらいにあります。

バリ島ウブドのチンタグリルイン看板 

緑色の看板と、かやぶき屋根のオープン的な店構えが目印です。

バリ島ウブドのチンタグリルイン外観ウブドのバリ風カフェ

モンキーフォレスト通りにあるだけあって、入り口には、
日本でもおなじみの「見ざる言わざる聞かざる」の三猿の像が出迎えてくれます。

店内にも、大きな猿の絵画が飾られています。

「見ざる言わざる聞かざる」@バリ島 バリ島ウブドのカフェにある猿の絵画

この三猿の像は、日本だけではなく、
実はヨーロッパやアジアなど、 世界各国で広まっていることを知りました。

絵画には、猿たちが我が物顔で祝宴をあげる姿が。

猿の絵画

バリ島で信仰されているバリ・ヒンドゥーでは、猿は神聖な動物とされているようです。

 

店内には、主にオーストラリアから来た観光客で、夕方から満席。
オーストラリアとバリ島は、地理的に非常に近いため、多くの観光客が訪れるようです。

バリ島ウブド・チンタグリル店内

皆さん、店のカウンターの上にある映像に釘付けでした。

ウブドのカフェに集まるオーストラリア人 ウブドのカフェ「チンタグリルイン」

この日は、ニュージーランドで開催中のラグビー・ワールドカップ2011の放送が。

ラグビーワールドカップ2011inバリ島

さすが、オーストラリアはラグビーが盛んなだけあって、皆さん観戦も熱心です。

 

さて、私たちは、外の特等席で、カフェTIME!

ウブドのモンキーフォレスト通りでカフェ

ござに座布団で、少し和の雰囲気も味わいながら、
まずは、アイスのバリコーヒーをオーダー。

ウブドのカフェでバリコーヒー

バリコーヒーは、底にコーヒーの粉末が沈殿しています。

日本で飲むコーヒーとは違い、バリコーヒーは、
パウダー状のコーヒーをグラスに入れ、お湯を注いで作ります。
沈殿した粉は飲まないようにして、上澄みだけを頂きます。

味は、色々あるようですが、とても飲みやすく美味しかったです。

デザートに、タルトも頂きました!

 バリ島・ウブドで食べたタルトケーキ

ウブドのモンキーフォレスト通りに来た際には、
是非、「チンタグリルイン」に立ち寄ってみて下さい。

 

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます!
参考になった方は、応援クリックよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ  人気ブログランキングへ

バリ島についての関連記事です