バリ島での楽しみと言えば、 本場で味わうインドネシア料理ですよね!

ナシゴレンミーゴレン

ミーアヤムココナッツカレー

日本でもお馴染みのインドネシア料理には、
ナシゴレン(インドネシア風チャーハン)や、
ミーゴレン(インドネシア風焼きそば)などがありますが、
他にも、バリ島ならではの香辛料やハーブをふんだんに使った、
エスニック料理が色々と楽しめます。

私がバリ島で食べた郷土料理を中心に、
インドネシアの代表的な料理をご紹介します。
まずは、ご飯ものと麺類です。

ナシゴレン 【インドネシア風チャーハン】

ナシゴレン【インドネシア風チャーハン】

日本でもお馴染みのインドネシア風のチャーハン「ナシゴレン」

インドネシア語で、
ナシ(Nasi)は「ご飯」、ゴレン(Goreng)は「揚げる(炒める)」
という意味。

片面焼きした目玉焼きと共に頂きます。
インドネシア特有の辛味調味料「サンバル」などで味付けされるナシゴレンは、
日本人でも食べやすい料理です。

サンバルは、トウガラシやにんにくなどが原料で、
辛いものや甘いものなど色々あるので、
ナシゴレンも、食べる店によって辛さや味が違ってきます。
ナシゴレン朝食バリの果物

バリ島の甘~い果物をデザートに、朝食でさわやかに頂くのも、バリ風です。
食後は、バリコーヒーの香りと共に、リゾート旅行を満喫してみては?

 

ミーゴレン 【インドネシア風焼きそば】

ミーゴレン【インドネシア風焼きそば】

お次は、インドネシア風の焼きそば「ミーゴレン」

インドネシア語で、
ミー(Mie)は「麺」、ゴレン(Goreng)は「揚げる(炒める)」
という意味。

見た目は、日本の焼きそばに似ていますが、
味は、少しスパイシーで、後からピリっとくるような感じです。

ミーゴレンの野菜ミーゴレンとバリ島の女性

日本のものより太い、特大きゅうりやトマトの生野菜が添えられていることも。
フレッシュジュースと共に頂けば、南国気分を味わえること間違いなしです!!

 

ミーアヤム 【インドネシア風ラーメン】

ミーアヤム【インドネシア風ラーメン】

鶏肉の醤油煮が入った、インドネシア風のラーメン「ミーアヤム」

インドネシア語で、
ミー(Mie)は「麺」、アヤム(Ayam)は「鶏肉」という意味。

写真のミーアヤムは、鶏肉だけではなく、肉ワンタンもトッピングしたもの。
スープは、鶏がらダシの醤油ベースで、
あっさりしているけど、とっても濃厚で、
びっくりする程、美味しかったです!!

値段は、日本円で、一杯、およそ60円という安さ!

ミーアヤムにつける麩ミーアヤムと麩

さらに、お店によっては、うどんのような形をした麩(ふ)が売られていて、
これを、ミーアヤムのスープに付けて食べると、
また違った形で味わうことができます。
ミーアヤムは、一押しのインドネシア定番料理です!

 

ココナッツカレー 【バリ風チキンカレー】

curry1

ココナッツの実を器に使った、チキンココナッツカレーです。

日本でも、インドネシア・ジャワ島のジャワカレーが有名ですが、
バリ島でも、ココナッツミルクをたっぷりと効かせた、
マイルドなカレーを堪能できます。

数多くの香辛料やハーブ、青唐辛子などが入っているため、
マイルドさとスパイシーさが共演した、絶妙の味になっています。

ココナッツカレー2ココナッツカレー3

私が食べたお店では、ルーがココナッツの実を使った器に入れられ、
ご飯は、三角ピラミッド型に盛られ、
インゲンのような野菜のゴマ和えが添えられていました。
チキンもやわらかく、美味しかったです!

 

ブブール 【インドネシア風おかゆ】

ブブール【インドネシア風おかゆ】

インドネシアのおかゆ「ブブール」です。

あっさりした味で、日本のお粥と、そんなに違いはないように感じました。
鶏肉が入ったお粥は、ブブール・アヤム。
写真のブブールには、ガーリックチップが乗せられ、
良いアクセントになっていました。
朝食におすすめです。

 

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます!
参考になった方は、応援クリックよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ  人気ブログランキングへ

バリ島についての関連記事です