ガルーダ・インドネシア航空

海外旅行で、外国の空港に着いた際
入国審査を受けるために
長蛇の列に並んで待たされるのは
誰だって嫌なものです。

ところが、バリ島に行く時には、
この面倒な入国審査を
簡単にパスすることができます。

どういうことかと言うと
バリ島への直行便が出ているガルーダ・インドネシア航空の機内サービスで
機内で到着ビザの発給と、入国審査が受けられるのです。

 

このサービスがあることで、バリ島のグラライ空港(デンパサール)に到着後、
入国審査で並ぶことなく、待ち時間なしでスムーズに入国することができます。

このサービスを利用できるのは、
成田空港関西国際空港発の直行便となります。

それでは、「到着ビザ機内取得サービス」の流れを、
私の体験を交えて、ご説明したいと思います。

 

初めてのガルーダ・インドネシア航空 体験談

仕事でバリ島に行くことになり
私は、ガルーダ・インドネシア航空に初めて乗りました。

出発は成田空港です。
まずは、成田空港の第2ターミナルにある、
ガルーダ・インドネシア航空のチェックインカウンターで
搭乗手続きを済ませます。

続いて、旅行者の方は、カウンターの奥にある
到着ビザ(短期観光ビザ)の代金支払いカウンターへ。
ここで、ビザ代金・一人25アメリカドルを支払い、
ビザ代金受領証(レシート)を受け取ります。
※私の場合は、事前に商用ビザを取得していたので、支払いはしていません。

 

機内に乗ると
インドネシア人のきれいなキャビンアテンダントさんが
民族衣装風の恰好で迎えてくれます。

ガルーダ・インドネシア航空のCAさん

これからバリ島に行くんだ! という期待が膨らんできますね。

テンションが上がって、
2ショット写真もお願いしちゃいました!

ガルーダ・インドネシア航空のCAさん

日本人のキャビンアテンダントさんも2人いましたので、安心です。

 

成田空港からバリ島までの飛行時間は、7時間30分

エコノミークラスの座席では、前の座席にモニターが付いており、
映画や音楽が楽しめます。
海外物の映画は、英語かインドネシア語の選択だったので、
日本語しか分からない私は、
「パイレーツオブカリビアン」の映像を楽しみました!
付属のリモコンがコントローラーにもなっていて、ゲームもできます。

機内の映画ガルーダ・インドネシア航空のゲーム

 

そして、機内食は、和食と洋食から選ぶことができます。

洋食メニューに、「インドネシア風フライドチキン」が入っていたので、
バリ気分をいち早く感じるために、洋食を選択。

ガルーダ・インドネシア航空の機内食

インドネシア風チキンは、少しスパイシーな味付けで、美味しかったです。

 

さて、本題に戻りますが、機内食も済ませ、しばらくすると、
機内の乗客席に「IMIGRASI」という肩書きを付けた、
インドネシア出入国管理局の職員の方が回ってきます。

この職員に、パスポートビザ出国カードを渡すと
その場で入国審査をしてくれます。

出国カードは、出国手続きの際に
「インドネシア出入国カード」を渡されます。
席にあるパンフレットに記入例が載っているので、
それを参考にしながら、機内で時間がある時に記入しておきます。

インドネシア出入国カード

審査が済むと、パスポートに到着ビザを発給してくれます。
それと共に、「Immigration Clearance Card」と書かれた
入国審査に通ったことを証明するカードを渡されます。

DSCF0032

バリ島のグラライ空港に到着後、係員にパスポートとこのカードを渡すと、
顔写真との確認をされる程度で、
待つことなく、すんなりと入国することができます。

これで、後は、荷物を受け取ればOK!

海外では、何かと不安なことや、大変なことが多いと思いますが、
ガルーダ・インドネシア航空のこのシステムは、なかなか快適で良かったです。

 

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます!
参考になった方は、応援クリックよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ  人気ブログランキングへ

バリ島についての関連記事です