ガルーダ航空のCA

インドネシア・バリ島へ旅行に行く際には
ガルーダ・インドネシア航空
オススメです。

ガルーダ航空は、
インドネシアの国営航空会社で
その魅力は、主に2点あります。

一つ目は、成田空港(東京)
関西国際空港(大阪)
中部国際空港(名護屋)の3つの空港から
バリ島への直行便が出ていること。

 

二つ目は、機内で、到着ビザの発給と、入国審査を受けられることです。
これにより、バリの空港に到着後、イミグレーション(入国審査)に並ばずに、すぐに入国できます。 私も、実際にガルーダ航空を利用して、確かにこのサービスは楽だと感じました。

機内で入国審査

では、それぞれについて、詳しくご説明します。

 

ガルーダ航空・バリ島への直行便 時刻表

 

日本からバリ島への直行便は
現在、ガルーダ・インドネシア航空のみが運航しています。
利用できる空港は、成田空港、関西国際空港、中部国際空港の3つで、
バリ島のグラライ国際空港(デンパサール)とつながっています。

ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ航空の直行便以外では、
シンガポール航空、チャイナエアライン、大韓航空などの経由便があります。

 

ガルーダ・インドネシア航空の直行便を使うメリットは、
時間を有効に使えることです。

乗り継ぎの手間が省けるのは、もちろんのこと、
日本からインドネシアへ向かう便は、
東京・大阪・名古屋ともに午前中の出発で、バリに到着するのは、夕方
その日のディナーやショッピングなど、一日目も楽しむことができます。

ウブドの通り

さらに、帰りの便は、バリを夜中に出発するため、
最終日も、丸一日、バリ旅行を満喫することができるのです。

3空港から出ている直行便の詳細は、以下にまとめてあります。

ちなみに、日本とインドネシアの時差は1時間。
日本が午前11時なら、インドネシアは午前10時です。
時間はそれぞれの現地時間です。

また、フライトスケジュールは、
2011年3月27日~10月29日のものを乗せています。
実際に、利用する際は、最新の情報を航空会社にお問い合わせ下さい。

 

成田国際空港(東京)ーグラライ国際空港(バリ)の直行便

GA881便 毎日1便
成田空港(東京)出発 11:00 → グラライ空港(バリ)到着 17:30
所要時間 7時間30分

GA880便 毎日1便
グラライ空港(バリ)出発 0:30 → 成田空港(東京)到着 8:50
所要時間 7時間20分

 

関西国際空港(大阪)ーグラライ国際空港(バリ)の直行便

GA883便 毎日1便
関西空港(大阪)出発 11:00 → グラライ空港(バリ)到着 16:45
所要時間 6時間45分

GA882便 毎日1便
グラライ空港(バリ)出発 0:45 → 関西空港(大阪)到着 8:30
所要時間 6時間45分

 

中部国際空港(名古屋)-グラライ国際空港(バリ)の直行便

GA889便 火金日に1便
中部空港(名古屋)出発 11:15 → グラライ空港(バリ)到着 17:05
所要時間 6時間50分

GA888便 火金日に1便
グラライ空港(バリ)出発 1:05 → 中部空港(名古屋)到着 9:10
所要時間 7時間5分

 

時間を有効に使えるガルーダ・インドネシア航空ですが、
もう一つ、優れている点は、
機内で、短期観光ピザの発給と入国審査を受けられることです。

これで、バリ島の空港に着いてから、列に並ぶことなく、入国ができます。

いざ、空港に着いたのに、長蛇の列に並んで、長時間待つのは嫌ですよね?

ということで、続いては、搭乗手続きや入国審査をスムーズに行えるよう、
私の体験を交えて、流れをご説明します。
バリ旅行に行く前の、心の準備として、ご覧になって下さい。

 

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます!
参考になった方は、応援クリックよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ  人気ブログランキングへ

バリ島についての関連記事です