バリ島旅行に初めて行く方が注意して欲しいことの一つとして、
バリのデンパサール国際空港にいる“ポーター”の存在が
あります。

ポーターとは、空港で荷物を運んでくれる人のことです。

日本でも、成田空港や関西空港では、海外旅行などで荷物が多い時に、
専任のスタッフが、到着ロビーから駅改札口やバス停まで、
荷物を運んでくれる有料サービスがあります。
このサービスは、利用する本人が望んでいる場合は、とても便利です。

ところが、バリ島のデンパサール空港にいるポーターには、
注意が必要です。

バリに慣れていない日本人が狙われ、よく分からないうちに、
多額のチップを取られるケースが相次いでいます。

実は、私も、初めてバリ島に行った時に、
空港でポーターにチップを払うはめになりました。
その時の話をしたいと思います。


バリのポーターが20万ルピアを要求!

私は、ガルーダ・インドネシア航空の機内で、入国審査を済ませ、
デンパサール国際空港(グラライ国際空港)に到着し、
すぐに、荷物を受け取ることができました。

バリ島の空港

私が、バリ島に初めて行った時は、仕事仲間が他に2人いて
仕事の荷物も多かったので、三人分の荷物を台車に乗せると、山積みです。

台車を押して歩き始めると、
インドネシア人の男性が、二人近づいてきて、話しかけてきました。

その時、私たちは、仕事でバリ島に住む日本人の方に会いに来ていたため、
空港に迎えの方が来てくれることになっていました。

「迎えの方かな?」と思いながら、
特に不思議に思うこともなく、私たちの荷物を押す、彼らについて行きました。

ゲートを通る際に、係員に何かを見せるように言われましたが、
そのインドネシア人の男性が、係員に話しかけ、すぐに通ることが出来ました。

私が男性に、「何を言われたのですか?」と尋ねると、
男性は日本語で、「(係員と)友達だから大丈夫!」と言って、スマイル。

「おお、何か心強いな~!」

なんて思いながら、ゲートを通ったまでは、良かったのですが…

その男性二人が、荷物を運んだチップとして、
10万ルピアずつ払うように要求してきたのです。

10万ルピア札

その時、やっと、彼らが迎えの人ではないことに気が付きました。

日本に帰ってから調べて分かったことですが、
彼らは、バリ島の空港で、バリに慣れていなそうな観光客を見つけて
荷物を運び、高額のチップを要求するポーターだったのです。

荷物を運んでくれたのは、
ゲートを出るまでの、ほんの数十メートルです(笑)

20万ルピアは、日本円だと、2000円弱です。
数十メートル台車を押してもらって、
さすがに2000円を払う気にはなれません。

しかも、現地で働く日本人に聞いた話では、
バリ島の雑貨店などで働くバリ人の月給が70万ルピアくらいだというので、
10万ルピアは月給の7分の1近く。

バリの人たちにとっては、それなりの大金です。

 

私たちは、ポーターにチップを要求された時、
数十メートルとはいえ、荷物を運んでもらったのは確かだから、
チップを払おうかなと思ったのですが、
冷静に考えて、二人に10万ルピアずつ払うのは、
ちょっと高いなと思い、二人に2万ルピアずつ渡しました。

DSCF1030

中には、荷物を運んだ後、空港の両替所で、ルピアの換金も代わりに行い、
勝手にチップ代として20万ルピアを抜き取られたケースなども
あるようなので、 これからバリ島に行く方は、ご注意ください。

ポーターの方たちも、
自分たちが食べていくためにやっていることではありますが、
荷物を運んでもらう必要がなければ、最初から断るようにしましょう。

 

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます!
参考になった方は、応援クリックよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ  人気ブログランキングへ

バリ島についての関連記事です